【コミックエッセイ】クレープ屋あるあると家庭教師あるある

【コミックエッセイ】クレープ屋あるあると家庭教師あるある

大学生のときクレープ屋と家庭教師のアルバイトをしていました。
あるあるを漫画で紹介します。

【コミックエッセイ】クレープ屋あるあると家庭教師あるある

【コミックエッセイ】クレープ屋あるあると家庭教師あるある

【クレープ屋】
クレープ生地を焼いているときお客さんにめっちゃ見られるのではじめは変な緊張感がありましたε-(´∀`; )
店員によって生地を焼く薄さが違ったり、生クリームの量が違ったり。
わりと自由な職場でメニューにはないオリジナル賄いを作って食べていた思い出があります。

【家庭教師】
小学4年生の女の子の家庭教師をしていました。
学校や塾についていけない子が家庭教師を依頼することが多いそうです。
九九が覚えられなかったのであの手のこの手で覚えてもらおうとしていました。
まだまだ子ども。遊びたい盛りなのでお家に行ってもいないことがありました。チーン。

関連記事

感謝で思考は現実になる?!感謝の周波数とは...

返信が欲しい♡LINEで既読スルーされた時の対処法...

ニトリの衣装ケースが超便利!狭い我が家の布団収納法...

タロットが教える2019年12月の運勢...

第4チャクラの色は「緑色」!緑色の象徴的意味とそのパワーについて...