楽しく痩せる!最新のリンゴダイエットをご紹介

楽しく痩せる!最新のリンゴダイエットをご紹介

少し昔の話ですが、リンゴダイエットが大流行したことを覚えているでしょうか?しかし昔流行ったリンゴダイエットはリバウンドしてしまった人がたくさんいました。今回は当時のリンゴダイエットの問題点と、最新のリンゴダイエットについてご紹介します。

◎昔のリンゴダイエットと、その問題点

昔流行ったリンゴダイエットは、3日間りんごしか食べず、水かコーヒーを1日2杯までしか飲んではいけない、今で言うプチ断食に近いダイエット方法でした。しかし、このリンゴダイエットは精神的な負担が大きく、ダイエット後の暴食につながり、リバウンドする人が続出しました。また栄養が偏ったり、ストレスが溜まりやすくなってしまうため、体調を壊す人もいたようです。

たしかに食べなければ痩せますが、食べることは、身体的にも精神的にも、健康を維持する上で、非常に重要です。このため、最近のダイエットでは、食品の成分や特徴に着目して、ストレスの低減と栄養面において出来るだけ偏りを作らないように、痩せられることが重視されています。

◎整腸作用や老化防止効果も!リンゴの成分

ではリンゴにはどのような成分が含まれているのでしょうか?リンゴの成分の中で、最も特徴的なのは、食物繊維とカリウムが多い点だと言えるでしょう。リンゴには、水溶性のペクチンと不溶性のリグニン、セルロースなどの食物繊維が非常に多く含まれています。これらの食物繊維には整腸作用があり、便秘や下痢の予防にも効果的です。

◎整腸作用や老化防止効果も!リンゴの成分

また皮の赤い部分に含まれるアントシアンや、果肉に含まれるフラボノイドのカテキン、プロシアニジンは抗酸化物質と呼ばれており、ビタミンCとともに老化を防止してくれる果があります。さらに葉酸には貧血を防ぐ効果もあり、リンゴは、特に女性によく見られる体調不良を改善してくれる効果があると言えます。

◎リンゴのカロリーとダイエット効果

リンゴのカロリーは100g:61kcalで、リンゴ1個を250gとすると153kcalになります。甘さを楽しめる食材の中では、カロリーが低い食品と言えるでしょう。さらにリンゴは、その成分からも分かるように、食物繊維や抗酸化物質がたくさん含まれている健康的な食品です。しかし、リンゴ自体に脂肪を燃焼させる効果はありません。つまり食べ過ぎれば、ダイエットを失敗する原因になってしまうのです。

◎リンゴダイエットのポイントは腹持ちと少しの置き換え

リンゴの腹持ちの良さを活かしたダイエットを!

リンゴダイエットのポイントは、リンゴの腹持ちの良さを活かして、全体的なカロリー摂取量を減らすことです。リンゴに多く含まれる食物繊維には、整腸作用のほかに腹持ちをよくする効果があります。この腹持ちの良さを活かすことで、お腹いっぱい食べつつ、全体的なカロリー摂取量を減らすことが出来るのです。

すべてではなく、一部を置き換えるのが大事

だからと言って、一食のすべてをリンゴに置き換えるのはストレスが溜まり、リバウンドの元です。今回ご紹介するリンゴダイエットは、すべてをリンゴに置き換えるのではなく、間食や副菜をリンゴに変えることで全体的なカロリー摂取量を減らします。

◎効果的なリンゴの食べ方

効果的なタイミング

リンゴを食べるとき、最もダイエット効果が高くなるタイミングは朝食と間食です。朝食にリンゴを食べる場合、夜にリンゴを剥いておけば、朝すぐに食べられるので、時短にもなります。また間食で食べがちな、アイスクリームやビスケットなどの食品と比べても、リンゴは圧倒的にカロリーが少ないことが分かります。朝食や間食自体を我慢するのではなく、一部をリンゴに置き換えることで、ストレスなくダイエットをすることが大切です。

一食すべてをリンゴに置き換えるのはダメ

昔流行ったリンゴダイエットのように、例えば夕食をリンゴだけにするような、一食すべてを置き換えるダイエットはよくありません。朝から晩まで仕事を頑張ったのに、夕食がリンゴだけなんて、いくらダイエット中でも悲しくなってしまいます。そして溜まったストレスは挫折やリバウンドになって現れます。楽しく食べながら続けられるダイエットの方が、効果も成功率もずっと高くなるのです。

◎おいしく続けられるリンゴダイエットレシピ

リンゴダイエットはリンゴによって量増しされた食事で満腹になりつつ、摂取カロリーの全体量を減らすことが重要です。このためリンゴをそのまま食べなければいけないということはなく、料理してもっとおいしくダイエットすることが出来ます。リンゴを使った、低カロリーで、簡単に作れる料理を2つ、ご紹介します。

リンゴダイエットレシピ①リンゴヨーグルト

1人前の材料はヨーグルト100g程度、リンゴ1/8個、メープルシロップ適量、シナモン適量です。作り方はとっても簡単。リンゴを食べやすい大きさに切ってレンジで温め、ヨーグルトに入れます。お好みでメープルシロップやシナモンで味を整えれば完成です。

1人分約90kcalで、朝食や間食にぴったりのメニューです。ヨーグルトに脂肪ゼロのものや、無糖ヨーグルトを使うと、さらにダイエット効果が高くなります。

リンゴダイエットレシピ②リンゴゼリー

2人前の材料はリンゴ1/2個、レモン果汁少々、水200ml、粉寒天1g、砂糖大さじ1です。まずリンゴをすりおろし、鍋に水と粉寒天を入れて沸騰させます。すりおろしたリンゴと調味料を鍋に入れます。容器に移して冷蔵庫で冷ませば完成です。

1人分約55kcalで、おやつにぴったりのメニューです。低カロリー甘味料や、0カロリーゼリーを使うと、よりダイエット効果が高くなります。

◎まとめ

今回は最新のリンゴダイエットについてご紹介しました。ポイントは一食すべてをリンゴに置き換えるのではなく、普段食べているものの一部をリンゴに置き換えて、全体的なカロリー摂取量を減らすことです。無理なダイエットでイライラしたり、体調を壊すのではなく、楽しく続けられる方法で、いつまでも美しい身体を手に入れましょう。

関連記事

彼女が好きすぎる彼氏の特徴とは?好きと思わせるにはどうすればいい?...

2018年秋冬のトレンドカラーで診断する性格とあなたへのアドバイス!...

助産院での出産ってどう?助産院と病院の違いは?助産院出産の流れとデメリ...

S&B「生風味スパゲッティソースたらこ」を使ったアレンジメニュー5選...

見極めよう!元カノに未練がある男性の8つの特徴...

あそこのかゆみ・におい対策ってどうしてる?人には聞けないデリケー...

    
Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加ブックマーク
LINEで送る


ABOUTこの記事をかいた人

dasMan

都内在住の女子大生。専攻分野は心理学。文房具大好き。最近のマイブームはシステム手帳。