どれだけ当てはまる? 仕事がデキるキャリアウーマンの特徴

みなさんは、バリバリと仕事をこなす女性に対して、どのような印象を持たれるでしょうか。私はあまり忙しく働くことが好きではないぶん、そのような女性にはかっこよく、素直に憧れの気持ちを抱きます。

仕事をこなすスピードがとにかく速い、気が利く、オンオフの切り替えがしっかりとしている、男っぽくて化粧っ気がないなど。キャリアウーマンな女性に対して抱く印象は、人それぞれだと思います。また、女性のタイプもさまざまですが、そんな彼女たちに共通する特徴があるようです。そこで今回は、仕事がデキるキャリアウーマンの特徴についてシェアします。

不必要なモノ・コト・ヒトを抱えない

まず挙げられるのが、値段にかかわらず自分にとって必要ないものは持たないということ。ここでいう「持たない」とは、持ち物のことだけではありません。人間関係や職場の環境、仕事のプライオリティーなどにも当てはまります。

モノであれば、必要以上に物を増やさないことはもちろん、「いつか使うかもしれないし……」「とりあえず、保留にしておこう」といった保留だらけにすることはありません。

コトであれば、「今、わたしがもっとも優先すべき仕事はどれか」と、自分が行うべきことを瞬時に取捨選択することができます。

そしてヒトであれば、「自分が大切にしていきたい人」が明確なことから、無駄な飲み会へのお誘いを断ることへの抵抗もありません。

私自身は社会人になって、学生時代のときよりも「自分がこの先も大切にしたい人たちとだけ付き合う」ことを特に大切にしています。さまざまな人と知り合うことや仲良くすることも好きです。けれど、せっかくの時間やお金を自分とは空気感が合わない人や不安を煽るような人たちと一緒に過ごすことへは使いたくないと感じます。それは、わざわざお金を払ってまで、モヤモヤになる必要はないと思うからです。

自分自身の持ち物から環境、人間関係を徹底的に自分の心地よさやときめきを感じるものだけにしていく。そうすることで自然と、取捨選択をする力が身についていくようです。

面倒くさいことを後回しにしない

「今日は雨だし、銀行に行くのは明日でいっか」などのように、「時間がかかるから」「面倒だな〜ちょっと寝てから始めよう」などと、ついつい後回しにしてしまう癖はありませんか? けれど、やはりキャリアウーマンな女性の多くは、面倒なことほど早めに対処することを意識しているようです。

私自身も、少しでも面倒だなと感じることはつい後回しにしてしまう癖があります。けれども、いますぐ行おうが後まわしにしようが、面倒な事柄に対して費やす時間に変化はないはずです。つまり、変化がないのであればTo Do リスト(やるべきこと)は、さっさと片付けて身軽になるほうが結果的によいのではないかと思います。

また、どんなに集中できないと思っても「まずは5分間だけ頑張ろう」と思って始めると、案外はかどったりするもの。面倒なことほど、さっさと片付けてしまったほうが気持ちがいいはずですよ。

慌ただしい朝の過ごし方が上手

朝型の生活を意識することで、朝は余裕を持って起きることができ流ようになります。また、早起きができるようになると忙しい朝の時間にゆとりができるようになります。すると、身支度や朝食に時間をかけることができるようにもなりますし、ジムでワークアウトやヨガのクラスを受けることだってできるようになるかもしれません。

また、スッキリとした頭の状態であれば、資格や語学の勉強もいつも以上に捗るかもしれません。私が尊敬している年上の女性は、週に2〜3日は出社前にカフェに行き、その日のニュースを軽く読み流したあと、英語でその記事の内容を要約するトレーニングを行なっているそうです。

朝、まずはいつもより15分だけ早く起きてみる。そうするだけでも、あなたの朝の時間がとても有意義なものになるはずです。また、朝の時間を楽しめるようになると、仕事へのモチベーションや効率もグッと上がるはずですよ。

Pocket
LINEで送る

ABOUTこの記事をかいた人

Connie(コニー)

大学卒業後、ひょんなことからwebライターの道へ。 肩肘張らず、1日をゆったりと味わうように生きたっていい。 気取らず自然体に、けれど品のある女性になるためのヒント「レディのたしなみ」をリアルタイムで発信しています。