あなたの毎日をより良いものにする自信のつけ方

スポンサードリンク

仕事やプライベートに限らず、失敗や挫折を味わうと人は自分に自信が持てなくなっていくもの。けれど、マイナス思考に陥ったままでは、人生はどんどん味気ないものになってしまいます。そうならないためにはまず、ネガティブな事がらに振り回されないようにすることが大切なのかもしれません。

……けれど、どうすれば自分自身に自信が持てるようになるのでしょうか。

そこで今回は、あなたの日々をよりよいものに変えてくれる自信のつけ方についてシェアします。

必要以上に悩む必要はない

私にはときどき、とても気になることがあります。それは、周囲のちょっとした言動や振る舞いに対して必要以上に落ち込んでしまう人が意外と多いということ。それではなぜ、いつまでもくよくよと悩んでしまう人がいるのでしょうか

その理由として、周囲と自分とを必要以上に比べる傾向があるのではないでしょうか。フェイスブックやインスタグラムなどのSNSの普及によって、自分の身の回りのありとあらゆる動向をリアルタイムで知ることができるようになりました。友人たちは今日、どんな洋服を着て、誰と、どこで、何をしているのか。

そんな友人たちの投稿と、自分自身のライフスタイルを比べては、必要以上に焦りや不安、もしかすると僻みに近い感情が湧くこともあるかもしれません。

私も、決して自分に自信があるというわけではありません。また、周囲からの何気ない一言が引っかかることはあります。けれども、私は「自分はこういう人間でありたい」という軸はしっかりとしているのではないかと思います。自分のありたい姿が明確になっていると、他人のライフスタイルとも必要以上に比べることは無くなります。

また、たとえ落ち込むような出来事に遭遇したとしても、「けれど、私はこうしていきたいんだよね? それなら、そのままの自分でいいじゃない」と、すぐに立ち直ることができます。また、自分軸をブレさせないためには、自分自身が心地よく感じられる人と付き合うことも大切です。なぜなら、「本当にできるの?」「私にはできないわ〜」などと、ネガティブな“アドバイス”をくれる人といると、どうしても自分軸がブレやすくなります。

もし、家庭内や職場にあなたの軸をブレさせようとするような言葉をかけられた場合には、「〇〇さんは、こう考えるんだな。以上。」とだけ答えるようにして、うまく流すようにしましょう。

 

アドバイスには2種類ある

あなたが仕事や恋愛のことについて話をしたとき、(あなたが求めたかどうかにかかわらず)何かしらのアドバイスをしてくれる友人はいませんか?

アドバイスは基本的に、「受け入れるべきアドバイス」と「受け入れる必要がないアドバイス」の2つに分けられるのではないかと思います。受け入れる必要がないアドバイスを聞くのはなんだか無駄な気もしてしまいますが、まずはすべてのアドバイスを受け止めるようにしています。それは、自分自身の先入観だけでジャッジしてしまった場合、本当は受け入れるべきアドバイスを取りこぼしてしまう可能性があるからです。

アドバイスを受け入れるかどうかを決めるとき、そのアドバイスを聞いて「自分の気持ちがモヤモヤしていないかどうか」を判断基準にしています。どれだけ相手が必死に諭してくれたとしても、自分自身にはなんだかしっくりできなかったり、モヤモヤしたりすることがあるかもしれません。けれど、しっくりできなかったり、モヤモヤしたりするということは、あなた自身がその事柄について気にしているということではないでしょうか。

「でも、私は〇〇だと思うんだ」という言い訳があなたの口から出てきそうになったら、

あえてしっくりこない気持ちやモヤモヤと向き合うようにしてみてください。もしかすると、そのモヤモヤの中にあなたの悩みや問題を解決してくれるヒントが隠れているかもしれません。

Pocket
LINEで送る

ABOUTこの記事をかいた人

Connie(コニー)

大学卒業後、ひょんなことから受付嬢からwebライターの道へ。 肩肘張らず、1日をゆったりと味わうように生きたっていい。 気取らず自然体に、けれど品のある女性になるためのヒント「レディのたしなみ」をリアルタイムで発信しています。