キラキラ女子に共通する「あえてしないこと」4つ

スポンサードリンク

いつでも前向きな言葉や振る舞いを忘れず、ニコニコご機嫌な女性はいませんか? どうやらそのような女性たちに共通して、ネガティブな出来事や気持ちを上手にかわすなどといった、しないように気をつけていることがあるようなのです。そこで今回は、ハッピーオーラで満たされている人が「あえてしない」ことをシェアします。あなた自身、ついついやっていないかどうか、チェックしてみましょう。

1自分より「輝いている人」を見過ぎない

まず、自分よりも上の人と自分自身を比べすぎてしまうことはやめましょう。
自分よりすごすぎる人と自分の生活を比べ始めたら、キリがありません。
それに、「この人と比べたら、どうせ私なんて……」と、気持ちまで塞ぎこんでしまいます。

特に、SNSはその人の「輝いた瞬間」が切り取られている場合が多々あります。
けれど、その輝きの裏側には、大変な努力や苦労が隠れているかもしれません。
だから、必要以上にあなた自身が自分のことを追い込む必要はありません。

もし、必要以上に不安な気持ちになってしまうのであれば、SNSから距離を置くのもよいかもしれません。

みんながみんな、有名になったり、大きなプロジェクトに携わったり、壮大な夢を描く必要はありません。「あなただけの目標、あなただけのライフスタイル」を大切にしてあげましょう。

2:ネガティブな気持ちに敏感になりすぎない

「乗りたいと思っていた行き先の電車が、ちょうどいいタイミングで来た!」
「ダブルレインボーが見れた、なんだかいいことがありそう!」
「今日もいいお天気、これだけで幸せ!」

いつでもハッピーオーラで満たされている人は、幸福を感じる沸点がかなり低い傾向があります。それだけ、幸せを感じる感度が高いということです。

よく言われていることではありますが、「物事の見方を変えれば、世界はまったく違ってくる」ということは本当だと私は考えます。

気持ちに余裕がなくなってくると、身の回りで起こる出来事はもちろん、自分が生きている世界すべてがネガティブなものでいっぱいに思えてきます。

けれど、「なんだかツイてる!」「ありがたいな」などと、幸せを感じられる瞬間を見つければ見つけるほど、身の回りにはポジティブなものでいっぱいになっていきます。

ですから、わざわざ不幸なことを探して、自らネガティブなもので自分自身の首を苦しめる必要はありません。

どれだけ小さなことであったとしても「ラッキー!」と、大げさに喜んでみてください。そうするだけでも、あなた自身の身の回りにはポジティブな出来事でいっぱいになっていくはずです。

3: 身の回りは「好きなもの」「心地よいもの」だけ

誰だって、譲れないものや嫌いなもの(もしくは人)があるはずです。もちろん、私だって沢山あります。例えば、私の場合には、満員電車や不安を煽るような人が好きではありません。

このように、こだわりや好き嫌いは誰でも持っているものですし、自分なりの哲学を持ち続けることも必要だと考えます。けれど、その度が過ぎてしまうと、「あれは、やりたくない!」「この人のことは嫌いだから、付き合わない!」などと、嫌いなものリストが増えてしまうという弊害が起こります。

あまりにもそのリストの項目が増えてしまうと、あなた自身の仕事や人間関係などの選択肢が狭くなってしまいます。

どれだけ嫌だと思うような出来事や環境、人間関係であったとしても、必ず学びや気づきはあります。それに、初めは「絶対に嫌!」と思っていた人と、1番仲良くなることだってあります。

第一印象だけで「やりたくない!」と、決めつけてしまうのはもったいないこと。どうか、どんな物事や人間関係であっても、食わず嫌いせずにトライしてみる。それでも、「やっぱり合わなかった!」ならば、それでいいのではないでしょうか。

4:「当たり前」なんて1つもない

仕事で失敗が続いたり、仲の良かった友人との関係がうまくいかなくなったり……。思いがけないハプニングが立て続けに起こると、ついつい当たり前の幸せなことへの感謝の気持ちや幸福感が鈍くなってしまいがちに。

たとえば、仕事でのミスが続いてしまうと、「どうして私は、ここまで仕事ができないのだろう」と、ネガティブな気持ちのループにはまってしまいます。

けれど、よく考えてみると「失敗して落ちこむことがあるからこそ、成功したときは嬉しい!」というものではないでしょうか。

それに、仕事探しで必死になっている人に比べたら、きちんと働ける場所があることってすごいことです。

こうして、当たり前のことを当たり前だと思わない。当たり前のことほど、感謝の気持ちを持つ。もちろん、誰かに対して「いつもありがとう」と、言葉にすることもおすすめです。

感謝の気持ちって、自分が幸せだと思っていれば思っているほど、ついつい忘れてしまいがちになります。けれど、幸せだと思うときほど、その気持ちを言葉で、文章で表してみましょう。そうすることで、ポジティブな連鎖を起こし続けていくことができるはずです。

Pocket
LINEで送る

ABOUTこの記事をかいた人

Connie(コニー)

大学卒業後、ひょんなことから受付嬢からwebライターの道へ。 肩肘張らず、1日をゆったりと味わうように生きたっていい。 気取らず自然体に、けれど品のある女性になるためのヒント「レディのたしなみ」をリアルタイムで発信しています。