何もかもがうまくいかないときにカラダとココロをゆるめるコツ

スポンサードリンク

私たちの人生は、誰しもが山あり谷あり。そして、いいことが重なるのと同じように、悪いことも重なるものではないでしょうか。あなたにとって嫌なことが立て続けに起こるとき、あなたの心も同時に疲れています。

そして、心に元気がない状態が続いてしまうと、見るもの感じるものすべてが悪いものに見えてくることがあるので注意が必要です。

「最近、なんだかうまくいかないんだよね」と感じ始めたら、ぜひ積極的に心をリフレッシュさせてあげましょう。

うまくいかないときほど、ゆるめよう

「仕事でミスが続いて叱られてばかり。自分では一生懸命やっているはずなのに……」

このようなミスが続くなどといった、うまくいかないときほどまずは、ゆっくりとした動作を心がけてみてください。もしかすると、仕事の納期などを意識しすぎるあまり、無意識のうちに焦ってしまっているのかもしれません。ですから、どれだけ仕事の納期が迫っていたとしても、意識して自分のスピードを落としてあげましょう。

また、職場の環境が許すのであれば、思い切って休んでしまうのも手です。日々の忙しさや慌ただしさから少しだけ離れることで、体と心のこわばりをほぐしてあげましょう。部屋の掃除をするもよし、映画を観ながらダラダラするもよし、「何にもしない」1日があったっていいじゃないですか。

とにかく動作をゆっくり、そしてリラックスさせてあげることに徹する。そうすることで、次第に心の疲れも癒やされてくるはずですよ。

心がリラックス状態をとり戻し始めると、自然と物事も前向きに捉えることができるようになりますし、物事もうまくいき始めるはずですよ。

半身浴でゆるめる

凝り固まってしまった体と心をほぐすためにも、体を温めることはとても効果的です。体を温めることで全身のコリがほぐれ、血流がよくなります。体を温める方法にはさまざまなものがありますが、特に40度前後のお湯にゆったりと漬かる半身浴をとり入れてみてはどうでしょうか。20分ほどかけてじっくりと、ゆったりとした気持ちで体を芯から温めてみましょう。ラベンダーやカモミールなどの入浴剤やバスソルト、アロマオイルを使用すると、よりリラックス効果を高めることができます。

その他にも、キャンドルに火を灯したり、バラの花を贅沢に浮かべてみたりするのもおすすめです。思いっきり自分のことを甘やかしてあげましょう。

ホットドリンクでゆるめる

(冷え性対策など以外にも)温かいドリンクには、リラックスできる効果があるとされています。

午後の仕事に行き詰まったら、なんだか寝付けなかったら是非、温かいホットドリンクを飲んでみましょう。体を芯から温めることで、(半身浴と同様に)リラックス効果が期待できます。

私は、翌日に早朝から仕事があるときにはちょっとしたプレッシャーを感じ、寝付けないときがあります。そんなときには、お気に入りのカモミールティーなどを就寝前に飲むようにしています。温かいカップを両手で持ち、カモミールの香りを嗅ぐだけでも体が緩んでいくような、ほっとするような感覚になります。

仕事の合間であれば、淹れたてのホットコーヒーをディカフェで楽しむだけでも、気分がシャキッとします。時間帯やその日の気分に合わせ、「お気に入りの1杯」でリラックスすれば、気持ちも少しほっこりとしてくるはずですよ。

自然のパワーをもらう

自然に触れることは、落ち込んだ気分を癒してくれる効果が絶大です。

朝起きたらまず、カーテンを思いっきり日の光を浴びるだけでもパワーがみなぎってくるような気がします。また、なんとなく気持ちが塞ぎ込んでしまったり、物事をうまく消化できていないと感じたりしたら、緑豊かな公園へお散歩をしてみてはどうでしょうか。

もちろん、アップテンポの音楽を聴きながらお散歩をするだけでも十分です。私も仕事に煮詰まったときや気持ちを切り替えたいときには、皇居の外苑近くにある芝生の上で読書を楽しむようにしています。皇居外苑は都内有数のパワースポットともいわれているらしく、芝生の上でぼーっとするだけでも気持ちが落ち着きますし、「よし、頑張ろう」と、パワーが湧いてきます。

自分ではどうしようもなく落ち込んでしまったときには、自然のパワーをもらいに行ってみてはどうでしょうか。

Pocket
LINEで送る

ABOUTこの記事をかいた人

Connie(コニー)

大学卒業後、ひょんなことから受付嬢からwebライターの道へ。 肩肘張らず、1日をゆったりと味わうように生きたっていい。 気取らず自然体に、けれど品のある女性になるためのヒント「レディのたしなみ」をリアルタイムで発信しています。